GORILLAZ
GORILLAZ

2007年もベイスターズの応援に力を入れたい!が…諸事情により観戦数は激減しそうです。ゲーム、映画、チワックス、チワワ…色々盛り込んだ『まったり日記』です。
by s_naoq

リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
『エイリアンVS.プレデ..
from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
STUSSY ステューシー
from STUSSY ステューシー
stussy パーカー ..
from stussy パーカー が激安
田中幸雄 古田引退へ
from 霧島 想い
『バーバー吉野』
from 京の昼寝〜♪
amatuer web ..
from amatuer web cams
adult cam chat
from adult cam chat
ワンスター コンバース
from ワンスター コンバース
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2006年 12月 05日 ( 3 )
多村トレード
うぁ~。これは横浜にとって大誤算だ。

一時期、ファンの間ではトレードが囁かれていたし、ソフトバンク、日ハム、中日の線が濃厚だと思っていたが、それにしても、寺原だとは。

多村は、自身のHPで『急な話で、頭の整理がつかない』と言っているが、
果たしてそうだろうか。
HP上の彼の写真が、ベイスターズのユニを着た写真が少なくなり、これはもしや?トレード間じかか?とファンは感付いていた。

多村自身も王監督の下でプレーしたかったらしいし。。。トレードなら当然、ローテピッチャーになるはずだと思っていた。杉内あたりが妥当だと言う意見も多かった。
寺原ならば2対1トレードになるだろうとも思っていた。

当然、彼は横浜の顔であり、WBCでも知名度を上げた。一般人から見れば一流の選手だ。
ファンにとっても、来季の期待は大きかった。

あぁ…これが横浜クオリティーなのだろう…今後の両者の活躍しだいで、トレードの評価も変わるが、現時点では、圧倒的に横浜不利のトレードである。

なぜ杉内クラスの左を獲得しないのか?せめて左投手には、こだわるべきであった。
ハッキリ言って、他球団から見て、横浜には多村ぐらいしか魅力のある選手はいない。
トレードなら、これを最大限に生かすべきで、妥協は許されないはずである。
門倉を引き止めず、なぜ寺原なのか?

また、多村は怪我の影響で、FA権を取得するのも随分先の話である。
だから、どんなに多村が活躍しても、球団が多村を手放さない限り、
多村は横浜に残るしかないのだ。
仮に今後、本来のポテンシャルを発揮し、FA権を取得して出て行ったとしても、
その時は、多額の保証金も入り球団にとっては良いこと尽くめであり、
手放すメリットが無いように思える。

一時期のトレード騒動が落ち着いたから、てっきり多村のトレードは消えたとばかり思っていたが、大・社ドラフトの下位指名2人が外野手だったのが伏線だった。気付かなかった…

とは言え、大矢監督は吉村を外野からファーストにコンバートした。
これで、鈴木、多村、金城の外野陣が確定したとばかり思っていたが、
結局センターはどうなるのだろう。

センターラインの強化を目指して、仁志も獲得し安泰だと思われていた守備陣。
横浜の外野手は飽和状態である事は確かだが、その選手も1軍経験が浅く、到底多村には及ばない。
これは大矢監督は想定内なのであろうか?だとすると、センターは誰に?


横浜の多村仁外野手(29)とソフトバンクの寺原隼人投手(23)の交換トレードが成立し、5日、両球団から発表された。長打力のある外野手を狙うソフトバンクと、投手力強化を目指す横浜の思惑が一致した。
 多村は今季故障もあって39試合の出場で打率2割7分6厘、8本塁打に終わったが、2004年に打率3割5厘、40本塁打と活躍。昨季も2年連続となる打率3割、30本塁打以上をマークした。寺原は02年にソフトバンクに入団。今季は3年ぶりの勝利を挙げ、3勝7敗の成績だった。
by s_naoq | 2006-12-05 17:08 | ベイスターズネタ
契約更改4
横浜藤田が200万円アップの1600万円を保留した。

打撃よりも、守備を評価してほしいらしい。
まぁ、本職はショートで、イースタンでもショートを守っていた。
しかし、1軍ではショートを守れるはずもなく、今年は、セカンドで起用されていた。
セカンドでは、結構ポロポロしてたし、決して上手い部類に入るプレーをしていたわけでもない。
まして、打撃が貧弱のため、種田、内川に割って入れるわけでもなく、
種田の怪我、内川のイップスにより、消去法で藤田が起用されていた感じを受ける。
もちろん、成長を期待して起用していたのだが…打撃に関しても、もっと広角に打ち分けられて、粘り強いバッティングが出来るのかと思っていた。
結果的に、フロントの評価は妥当ではないだろうか。

まして、来シーズンからは仁志の加入により、若手の内野手は一層出場チャンスが少なくなるだろう。
今年は比較的、若手にチャンスが与えられた。しかし、これをものに出来たのは、吉村、牛田ぐらいだろう。

守備をアピールするなら、内野をどこでも守れる万永クラスを目指すべきである。
しかし、ファンとしては、率を残せる1番バッターを期待したい。数百万の上積みを希望する保留よりも、もっと大事なことがあるのではないか。

 横浜藤田一也内野手(24)が5日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉を行ったが、200万円アップの1600万円提示を保留した。今季、65試合の出場で打率2割3厘に終わった藤田は「打撃面のことを言われたけど、もう少し守備面を見て欲しかった」と話した。次回の交渉は11日の予定。(金額は推定)
by s_naoq | 2006-12-05 14:35 | ベイスターズネタ
クリスマスツリー
b0025062_13355197.jpg

新宿NSビルのツリー
ランチに行ったら、大きいのが飾ってありました。
最近はどこもすごいですね。
今年の我が家のマンションも、去年以上にライトアップされてます~ご苦労様です。
by s_naoq | 2006-12-05 13:35 | 日常の出来事
OFFICIAL SITE
アラブズオフィシャルサイト
http://www3.to/arabs
excite MUSIC