GORILLAZ
GORILLAZ

2007年もベイスターズの応援に力を入れたい!が…諸事情により観戦数は激減しそうです。ゲーム、映画、チワックス、チワワ…色々盛り込んだ『まったり日記』です。
by s_naoq

リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
『エイリアンVS.プレデ..
from 虎党 団塊ジュニア の 日常..
STUSSY ステューシー
from STUSSY ステューシー
stussy パーカー ..
from stussy パーカー が激安
田中幸雄 古田引退へ
from 霧島 想い
『バーバー吉野』
from 京の昼寝〜♪
amatuer web ..
from amatuer web cams
adult cam chat
from adult cam chat
ワンスター コンバース
from ワンスター コンバース
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 11月 22日 ( 3 )
クルーンは横浜残留 2年総額4億円で合意
まぁ、当然でしょ。1年活躍しただけで、こんなに要求するのは、ありえないと思うけど。

当然来季からのファンの目は厳しくなるはず。2段モーションも変更しないといけないしね。
この残留により、その他のチーム編成がやっとできるって感じ。左の中継ぎの獲得とかね。

横浜は22日、マーク・クルーン投手(32)と来季残留で合意したと発表した。2年契約、出来高を含め総額約4億円で正式契約する見通し。
 今季入団したクルーンはプロ野球最速の161キロをマークするなど快速球で注目を集め、3勝2敗26セーブと活躍した。同投手は3年契約(3年目は球団に選択権)などを要求したが、この日代理人を通じ球団に譲歩する意向を伝えた。交渉が難航した末の残留に「来年も好きな横浜でプレーでき、非常にうれしく思う」とコメントした。
 横浜は実力とともに話題性を評価し、チームでは特例の複数年契約を認めた。山中正竹球団専務は「(条件面に)ふさわしい活躍をしてもらいたい」と話した。(金額は推定)
by s_naoq | 2005-11-22 20:52 | ベイスターズネタ
隊員追加。
おう?任務したらいきなり入隊してきた。

よし!仲間にしてやろう。
b0025062_20234624.jpg

by s_naoq | 2005-11-22 20:24 | GNOネタ
昔の出来事。
幼稚園の時の出来事で、不思議な話がある。

実家の近くに、「大池公園」と言う池がある。
今でこそ池の周りは舗装され、散歩コースになっているのだが、当時は、未舗装で道も荒れていて、道幅30センチぐらいの所もあった。
勿論、池の周りにはフェンスも無く、うっかりすると落っこちる事もあった。(実際にボクは4歳ぐらいの時に、大池に落ちているのだ。)

そんな池であった為、幼稚園児、小学生は大池に行ってはいけないという、地元の暗黙のルールみたいなものがあった。

しかし、ルールを無視して、幼稚園の頃に友達2人と大池へ行った。
勿論、親には内緒で。子供の僕達には、大池がジャングルの様に感じ、冒険気分だったのだ。

ボクは、友達よりも大池に行った回数が多く、大池の全貌を熟知していた。よくおじいちゃんに、連れて行ってもらっていたのだ。

大池公園は、大池(外周300m)、小池(外周100m)の2つの池で構成されて、周りは林で覆われている。

ひとしきり、友達と遊んでいると、大池を背にした山の斜面に、鉄でできた頑丈な梯子が架かっているのに気づいた。黄色い梯子で、ステップのところに、ギザギザの滑り止めがあったのを覚えている。例えると、滑り台の登る階段みたいな感じの梯子だった。

こんな梯子は、今まで何度と無く大池に来ていたが、見るのは初めてだった。勿論、友達もこの梯子を見るのが、初めてだった。

僕達は、梯子を登ることにした。高さで言えば2メータぐらいだったと思う。梯子を登ると、そこには木々に覆われた100㎡位の平らな地面が出現した。

ボクが先頭を切って、平らな地面に足を踏み入れると、
「ズブッ、ズブッ」と、地面が沈んでいく。

危うく足をとられそうになり、梯子の方へ引き返した。
今度は、靴が汚れそうだったので、靴を脱ぎ、靴下を脱いで裸足でチャレンジした。
案の定、「ズブッ、ズブッ」と音を立てて地面が沈む。
それでも、ズンズン歩いていった。

しかし、「ズブッ、ズブッ」とどんどん地面が沈んで行く。
底なし沼だったのだ。←気づくの遅すぎ。。。

ヒザ下ぐらいまで、泥で埋まってしまい身動きが取れなくなってしまった。歩いてなくても、徐々に埋まっていき、遂には太ももまで埋まってしまった。

さすがにヤバイと思い、友達2人に引っ張ってもらったのだが、全然抜けないのだ。焦ってもがくと、ドンドン沈んでいく。

友達2人の顔も青ざめて来ている。
どうやったか覚えていないのだが、なんとか友達2人に救出され、一命を取り留めた^^;

辺りはもう夕暮れで、薄暗くなっていた。
3人ともかなり動揺していたので、帰ることにした。
泥だらけの3人組である。

帰宅後、当然親にはバレて、怒られた。
お風呂に入って、汚れた体を洗っていて、ふと足首を見ると…

なんと…人の手型のアザがクッキリ付いているのだ。
うぁ…と思ったけど、親に言う事はせず、一人でビビッていた。

風呂から上がると、母親に「あんた、靴下どうしたの?」と言われ、忘れて来たことに気が付いた。

当時、その靴下がお気に入りで、(キャラ物、確かサンバルカンだったと思う。)どうしても、取りに行きたかった。

次の日、大池へ靴下を取りにいこうと友達2人を誘ったのだが
2人とも、どうしても行きたくないと言うのだ。

なぜかと問い詰めると、彼らの足首にも、ボクと同じアザが出来ていると言うのだ。ボクはすっかりアザの事など忘れていたのだが。

「たぶん、おばけだよ。こわいよ。」みたいな感じで、ビビッていた2人を無理矢理、大池に連れて行った。

でもね…どうやっても、黄色い梯子が見つからないんですよ…
絶対ここにあったって、場所に行っても無いんです。

散々探したけど、梯子が見つからず結局、靴下も戻らないまま。

その後も、小学生、中学生の時も、大池に行くと探してみるのですが、絶対見つからない。

ボクの靴下を返してください!
by s_naoq | 2005-11-22 17:01 | 日常の出来事
OFFICIAL SITE
アラブズオフィシャルサイト
http://www3.to/arabs
excite MUSIC